ホーム » アーカイブ

皮膚のカビとマラセチア菌。これらは頭皮の血行悪化と関係が!?

読了までの目安時間:約 6分

頭皮の血行が悪化していると、頭皮にあるカビが発生しやすくなってしまいます。

 

これはマラセチア菌と呼ばれるカビであり、

この菌が繁殖していくことで頭皮に悪影響を及ぼしやすくなります。

 

例を挙げてみると、癜風とそして脂漏性皮膚炎です。

 

 

これらは症状にこそ違いがありますが、どちらもマラセチア菌が原因とされているものであり、

早めに対処しておくことが望ましいです。

 

では、これらの症状に関してほんの少しだけ解説していきます。

 

まず癜風に関してですが、これは真菌症(つまり感染症)です。

 

皮膚の中にマラセチア菌が侵入して起こるものであり、

湿疹などの症状を伴いますし、皮膚がボロボロになってしまったり、

かゆみなどの症状を伴ってきます。

 

 

最もわかり易い例としては水虫などでしょうか。

 

これは先程の症状に加え、臭いなどを伴います。

 

また、皮膚内に侵入した段階ではそれほど重症ということではありませんが、

更に悪化してくると血液内に菌が侵入し、重症となってしまうこともあります。

 

感染症と言えば、悪化すると危険というイメージを持っている方も多いと思いますが、

この癜風に関しても例外ではないようです。

 

次に脂漏性皮膚炎に関してです。

 

 

先程お伝えしたとおり、これもマラセチア菌による影響であることは癜風と同様ですが、

これは感染症ではなく、その名の通り皮膚炎になります。

 

マラセチア菌の特徴として、酸を放出するという特徴があります。

 

つまり、マラセチア菌が多量に繁殖した場合、多量の酸が頭皮などに降り注ぐことになります。

 

酸と言えば想像がつく方も多いと思いますが、

皮膚にダメージを与えますし、物質を溶かしてしまう・・・なんて話を聞きますよね。

 

どう考えても皮膚に良い影響を与えないです。

 

マラセチア菌が放出する酸によって皮膚が炎症を起こすのが脂漏性皮膚炎となります。

 

症状としては痒みなどがありますが、その他に頭皮が赤みを帯びたり、

乾燥することによってフケが多くなったりと行った症状があります。

 

 

 

異常2つの症状をご紹介しました。

 

繰り返しになりますが、これらは症状こそ違いますが、

どちらもマラセチア菌によって引き起こされるものと覚えておくと良いでしょう。

 

 

マラセチア菌の繁殖を防ぐためにはこれ!

 

マラセチア菌の繁殖の大本の原因は、私達の体から皮脂が多量に分泌されることです。

 

血行が良くない場合、当然体の隅々に栄養素が行き渡りにくくなります。

 

その結果、私達の体の仕組みとして、皮膚を紫外線や外気から守るために、

皮脂を過剰に分泌するという働きを行います。

 

つまり、血行が悪化してしまえば、皮脂が自動的に分泌されてくるため、

これを解消していく必要があります。

 

では、血行を良くしてくれるものとは、一体何でしょうか?

 

その答えは、アミノ酸配合のシャンプーです。

 

 

アミノ酸と言えば想像がつく方も多いと思いますが、

肉類などによく含まれており、私達のエネルギー成分となります。

 

これを活用したサプリメントに、精力剤などがあることはご存知でしょうか?

 

精力剤はedなどの治療に使われていますが、

アミノ酸を豊富に含んだサプリメントを摂ることで、血流を改善、

体全体の健康状態を良くし、その結果edを治療していくというものです。

 

また、妊婦用のサプリメントなどでも、栄養剤の一種として

配合されているケースも少なくありません。

 

このようにアミノ酸hあ血流を良くする効果が見込まれ、

さまざまな用途で使用されています。

 

この血流を良くする仕組みをシャンプーに適用し、

頭皮の血流を良くしていくのがアミノ酸シャンプーです。

 

 

別名育毛シャンプーとも言われており、

ほとんどの育毛シャンプーに含まれているため、

まずは価格が手頃な育毛シャンプーの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

アミノ酸を含んだ育毛シャンプーのランキングはこちら

頭皮の血行改良にはどんなシャンプーが良いのか?実は・・・?

読了までの目安時間:約 4分

頭皮の血行が良くないということは、

最終的に抜け毛や薄毛につながってしまいます。

 

 

血行不良は乾燥、炎症、フケといった症状につながっていくため、

その症状が悪化すればするほど抜け毛がひどくなっていきますので、

もしこれらの症状に心当たりがあるのであれば、

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

では、具体的にはどのような対策が考えられるのでしょうか?

 

実は最も安価で試すことができるのが育毛シャンプーの利用です。

 

育毛・・・という単語を聞いてしまえば、「まだ自分は禿げていない」

と感じてしまうかもしれませんが、実は血行不良伴う症状には、

育毛シャンプーに含まれている成分との相性が良いと言われています。

 

 

育毛シャンプーの特徴

まず育毛シャンプーに含まれている成分に関してはあなたもご存知かもしれませんが、

グリチルリチン酸二カリウム、センブリエキスなどの生薬を含んでいるものが多いです。

 

 

これらは抗炎症、保湿効果などを持っていると言われており、

さきほどご紹介した、炎症、乾燥を防ぐのに適した成分と言われています。

 

これらは天然のハーブなのですが、江戸時代辺りから、

薬として使用されていたというケースも報告されているので、

その利便性は高いと考えて良いでしょう。

 

また、最も効果を発揮するものとしてアミノ酸があります。

 

アミノ酸と言えば精力剤、疲労回復のサプリメントなどに含まれている事が多いのですが、

これは血行を良くし、エネルギーとなる成分とされています。

 

 

これはもちろん頭皮に対しても有効であり、

頭皮にアミノ酸を含んだシャンプを使用することで頭皮の血行良くし、

乾燥、炎症を防ぐ効果に期待することができます。

 

以上のことから、血行不良に適したシャンプーは、

先ほどご紹介した育毛成分を多量に含んだ育毛シャンプーと言われています。

 

 

 

ここまで書くと、では育毛剤はどうなの?という話になってきます。

 

もちろん育毛剤は育毛シャンプーよりも成分量が多いですし、

抜け毛や薄毛の症状が気になっている場合はそちらを選択してもよいのですが、

気になるのが、継続使用と価格設定です。

 

育毛シャンプーは通常価格が比較的手頃で3,000円程度で購入することができますが、

育毛剤は殆どのものが10,000円を超えるものばかりであり、

継続するのにはなかなか厳しい価格設定です。

 

 

もちろんこの価格が間違っているわけではなく、先程の生薬成分を多く使用し、

製造方法なんかにも気を配っているので、どうしてもそのぐらいの価格になってしまいます。

 

抜け毛や薄毛の症状がひどいとなれば育毛シャンプーでは

解消が難しいかもしれませんが、まだ血行不良に心当たりがある程度であれば、

まずは育毛シャンプーを試してみるのが良いのではないでしょうか?

 

 

育毛シャンプーランキングはこちら

当サイト厳選

当サイト厳選育毛剤

CHAPUP

(チャップアップ)

 

 

カテゴリー
ブログランキング参加中

メタ情報