ホーム » アーカイブ

頭皮の血行とフケの関係とは??こんな仕組みがあった!?

読了までの目安時間:約 5分

頭皮の血行が良くないということは、

頭皮に必要な栄養素が行き渡らないということになります。

 

 

もちろんこれは後々大ダメージにつながり、

抜け毛やフケといった症状を伴っていくことになりますが、

そもそもこの仕組はどのようなものなのでしょうか?

 

実はこれにはある菌が関係していおり、

それがマラセチア菌と呼ばれる菌になります。

 

 

この菌が過剰に繁殖し、酸を放出することで頭皮にダメージを与え、

抜け毛や薄毛といった症状につながってしまうのです。

 

酸は物質を溶かしてしまう・・・ということはご存知のことと思いますが、

これhあもちろん私達の皮膚に対しても同様であり、

頭皮の炎症を引き起こし、かゆみを伴い、

毛根がダメージを受けてしまいます。

 

これにより抜け毛につながっていくようです。

 

では、このマラセチア菌はどのようにして繁殖してしまうのでしょうか?

 

皮脂の過剰分泌

 

 

私たちの皮膚は皮脂と呼ばれる脂分によって守られています。

 

この皮脂が一定のレベルで分泌され、頭皮を覆うことによって、

紫外線や外気などから皮膚を守ってくれます。

 

ですが、この一定レベルというのはあくまで健全な状態での話であり、

過剰に分泌されてしまった場合は、フケが出やすくなってしまいます。

 

ではこの皮脂が過剰に分泌される原因は一体どのようなものか?

 

それが最初にお伝えした血行不良による頭皮の栄養不足です。

 

頭皮が血行不良を引き起こし、十分な栄養が行き渡らなかった場合は、

人間の体の仕組み上、皮膚を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

 

繰り返しになりますが、これは人間の仕組み上、

血行不良を起こしている場合は避けることができない仕組みと言えます。

 

皮膚を守るために皮脂を過剰に分泌しているはずが、

フケとなって落ちてきてしまうというなんとも皮肉な仕組みになっているようですね。

 

マラセチア菌と皮脂の関係

 

ではこの皮脂と最初にご紹介したマラセチア菌はどのような関係があるのでしょうか?

 

その答えは、マラセチア菌は皮脂を栄養にして繁殖していくというものです。

 

マラセチア金は私達の皮膚に常時存在していますが、

皮脂が過剰に分泌されない限りは悪さをすることがありません。

 

ですが過剰に分泌されてしまった場合、

必要以上にマラセチア菌が繁殖されてしまうようです。

 

最初にお伝えしたとおり、マラセチア菌は酸を放出するという特徴があり、

これにより頭皮が炎症を起こしたり、毛根がダメージを受けてしまうということにつながります。

 

その結果、痒み、フケといった症状を伴い、更に症状が進行してしまった場合は、

抜け毛、薄毛と言った症状につながってしまいます。

 

血行不良を見分けるポイント

 

頭皮が血行不良を起こしている・・・というのを見分けるのは非常に難しいでしょう。

 

ですが、血行不良に伴う症状によって判断することは可能です。

 

何度かご紹介していますが、フケが過剰に出ている、痒みが収まらない、頭皮が赤みを帯びている

かさぶたなどができているといった症状が出ている場合は、

血行不良による症状を伴っている可能性が高いです。

 

これらの症状を感じた場合は、頭皮の血行が悪化している可能性がある

と考えておいたほうが良いでしょうし、早めの対処が望ましいでしょう。

 

抜け毛や薄毛の症状はあくまで最終的な場合です。

 

この状態になってからのケアは非常に時間がかかってしまいますので、

先程の症状に心当たりがあるか?というのを判断ポイントにしておくと良いでしょう。

 

 

 

当サイト厳選

当サイト厳選育毛剤

CHAPUP

(チャップアップ)

 

 

カテゴリー
ブログランキング参加中

メタ情報