ホーム » アーカイブ

センブリエキスとグリチルリチン酸ニカリウム。頭皮の血行改善には必須!?

読了までの目安時間:約 6分

もしあなたが育毛系の商品を使用したことがある、

もしくは使用を検討しているのであれば、

センブリエキス、グリチルリチン酸ニカリウムについてはご存知でしょう。

 

 

頭皮の血流が悪くなっていることによって起こる症状。

 

頭皮が炎症を起こし、乾燥、フケ、かゆみなどの症状を伴います。

 

これらの症状が悪化していけば、

最終的に抜け毛、薄毛の症状につながってしまいます。

 

ですので、頭皮のケアは早めにしておくのが望ましいでしょう。

 

さて、話を戻しますが、最初にご紹介したグリチルリチン酸二カリウム。

そしてセンブリエキス。

 

これらは育毛シャンプーや育毛剤には欠かすことができない成分であり、

必ずと言ってもよいほど含まれているものです。

 

例えばセンブリエキス。

 

 

これは保湿を得るための成分であり、

その名の通りセンブリと呼ばれる生薬から抽出したものです。

 

さきほどご紹介したとおり、

頭皮の血行が悪くなってくることによる症状の一つに乾燥があります。

 

乾燥の症状がひどくなってくれば、

頭皮の表面に付着している皮脂が固形化してしまい、フケとなって落ちてしまいます。

 

例えば抜け毛、薄毛の症状がひどい人をみたことがあれば、

あるいはあなた自身がそのような症状を伴っていれば分かりますが、

少なくともフケが目立ってはいませんか?

 

 

これこそが頭皮が乾燥していることを示しているのです。

 

また、皮脂は私達の皮膚を守るために重要なウェイトを占めているため、

頭皮が乾燥してしまっていれば、紫外線、外気などから、

ダメージを受けやすくなってしまいます。

 

ですので、センブリエキスが持っている保湿効果

この症状を解消するのに非常に役立つと言われています。

 

頭皮の乾燥を防ぐことができればフケの量が少なくなってきますし、

頭皮が受けるダメージを大幅に減らすことができるのです。

 

また、これはかゆみの症状にも関連します。

 

 

頭皮が乾燥していればかゆみの症状も出てくると言われており、

症状が重い人は、自分でも気が付かないうちに頭を掻いてしまうようです。

 

これがひどくなってくると出血を伴ってしまい、

瘡蓋などがてきてしまうようです。

 

これもセンブリエキスが持っている保湿効果により、

大幅にその症状を軽減することができると言われています。

 

次にグリチルリチン酸に関してです。

 

 

グリチルリチン酸は甘草(カンゾウ)から抽出される成分と言われており、

実は江戸時代から活用されてきた経緯があるようです。

 

その効果とは、炎症を防ぐ効果と言われています。

 

例えば、頭皮の血行が悪くなってくると赤みなどの症状を伴います。

 

これは頭皮が炎症を起こしていることによるものであり、

血行不良を起こしている状態で、最初に出てくる症状と言っても良いでしょう。

 

もうここまでくればお分かりいただけるかもしれませんが、

頭皮の血行不良によって起こる炎症を抑えてくれるのがグリチルリチン酸です。

 

 


 

以上の2種類の生薬が育毛シャンプーには含まれています。

 

繰り返しになりますが、これらの生薬はほぼすべての育毛シャンプーに含まれており、

定番の成分と言っても過言ではないでしょう。

 

 

育毛シャンプーのすすめ

 

これらの生薬を配合していることの他、

育毛シャンプーをおすすめする理由に価格設定があります。

 

 

実は育毛シャンプーは育毛剤と違い、成分量という点で劣りますが、

その分価格が非常に安いというメリットがあります。

 

例えば育毛剤と育毛シャンプーを比較した場合、

3倍近くの価格差があり、継続することを前提に考えた場合、

育毛シャンプーの方に軍配が上がります。

 

育毛シャンプー自体の価格は3,000円~4,000円程度が相場であり、

このぐらいであれば底まで厳しいか各区設定ではないかと思います。

 

逆に育毛剤は10,000円を超えるものも珍しくなく、

継続するには少々厳しい価格でもあります。

 

そう考えた場合、最初に試しておきたいのが育毛シャンプーと言えるでしょう。

 

 

育毛シャンプーランキングはこちら

アミノ酸と血流の関係。意外にも頭皮に関係があった!?

読了までの目安時間:約 6分

アミノ酸は私達のエネルギーとなる重要な成分であることはご存知でしょうか?

 

 

アミノ酸には疲労回復、血流の改善などの効果があると言われており、

これが組み合わさればタンパク質となります。

 

もうこの時点でお気づきの方もいるかもしれませんが、

タンパク質といえば、肉類などによく含まれていると言われていますよね?

 

アミノ酸が私達のエネルギー成分となる。

 

なんとなくイメージできるのではないでしょうか?

 

繰り返しになりますが、アミノ酸は血流を良くするといった効果があり、

これは私達の健康面で非常に有効といえるでしょう。

 

 

特に年齢を重ねてくれば、自然と血流が悪くなってきますので、

アミノ酸は積極的に摂っておきたいところです。

 

ちなみにアミノ酸が豊富に使用されているものの例としては、

edなどの症状に使用されている精力剤などがあります。

 

これも血流を良くすることが目的で、

体全体の健康を良くしていくことで

edの改善につなげていくといった仕組みになります。

 

これを活用したものが育毛シャンプーになります。

 

 

育毛シャンプーには炎症を抑える成分、

保湿効果を得る成分などが含まれています。

 

これはあなた自身が育毛系の商品を使用したことがあれば分かるかもしれませんが、

センブリエキス、グリチルリチン酸二カリウムといった成分です。

 

これらは天然の生薬を原料としていますが、

従来から体に良い成分として知られてきました。

 

もともと頭皮の血流が悪くなってくれば、赤みを帯びて炎症を引き起こし、

乾燥してしまい、更にはこれらの症状により、毛母細胞が傷ついてしまいます。

 

ですので、先程の生薬が血流悪化によって起こる症状と

非常に相性が良いといわれています。

 

 

ですが、もう一つ忘れてはいけない成分があります。

 

それが血流を改善するアミノ酸です。

 

先程の生薬は、あくまでも血流悪化によって起こる症状を改善してくれるものであり、

そもそも血流を改善する成分ということではありません、

 

であれば、その大本の原因である血流悪化の成分が含まれている必要があります。

 

育毛シャンプーはこの症状を改善するため、

ほとんどのものにアミノ酸を先程の生薬の成分とセットで配合されています。

 

ですので、育毛シャンプーを使用することで、

血流の改善、それに伴う炎症の改善、乾燥を防ぎ、頭皮を守る

効果に期待できることになります。

 

もしあなあが血流悪化による症状に悩まされているのであれば、

まずは育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

なお、ここで疑問に思う方もいるかもしれませんが、

育毛剤と育毛シャンプーはどう違うのか?ということではないでしょうか?

 

実は育毛剤も育毛シャンプーも、根本的には全く一緒です。

 

ですが、含まれる成分量という点で育毛剤に軍配が上がります。

 

問題なのは価格設定です。

 

育毛剤を使用したことがあるのであれば分かりますが、

殆どの商品が通常価格10,000円以上に設定されており、

しかも継続性が求められます。

 

 

ですので、抜け毛や薄毛の症状がひどくなってい場合向け

というようなイメージになります。

 

これと対象的に、育毛シャンプーは成分量という点では

どうしても育毛剤に劣りますが、その分価格が安いというメリットがあります。

 

多くの育毛シャンプーが3,000円~4,000円程度の価格設定であり、

このぐらいであれば継続使用を求められたとしても、

底まで金銭的な圧迫はないでしょう。

 

なによりも、頭皮の血流が悪化シている段階であれば、

まだ育毛シャンプーでも対応できるレベルの可能性があります。

 

抜け毛や薄毛の症状がまだ底までひどくなていないのであれば、

価格がリーズナブルで継続もしやすい

育毛シャンプーを最初に試してみてはいかがでしょうか?

 

 

おすすめ育毛シャンプーランキングはこちら

頭皮の血行悪化に役立つ成分はこれ!生薬の凄さ!

読了までの目安時間:約 5分

頭皮の血行が悪くなっているということは、

頭皮が炎症を起こしてしまい、乾燥しやすくなります。

 

乾燥することで皮脂が固形化し、フケが出やすくなりますし、

炎症を起こしてしまっていれば痒みなどの症状を伴います。

 

そしてこれらの行き着く先。

 

もちろん抜け毛、ハゲの症状です。

 

 

まだこれらの症状に心当たりがある程度であれば、

抜け毛にそこまで悩まされているということはないでしょう。

 

ですが、これは放っておくと最終的に大ダメージになってしまいますので、

早めに対処しておくのが望ましいと言えます。

 

であれば、これらを解消するためには

どのような成分がおすすめなのでしょうか?

 

実は、炎症、乾燥に適しているのが生薬の成分となります。

 

 

そしてこれらの生薬の成分は主に育毛剤や育毛シャンプーに含まれているため、

頭皮の血行悪化を予防するためにはこれらが望ましいとされています。

 

それでは生薬の中でも、特に重要であるとされている成分について、

簡単にご紹介していきます。

 

炎症を防いでくれるグリチルリチン酸

 

これは甘草(カンゾウ)に含まれているエキスと言われていますが、

この甘草に含まれているグリチルリチン酸二カリウムが、

炎症を予防する効果があると言われています。

 

 

これが頭皮の血行悪化により、炎症してしまう症状を緩和してくれるといわれています。

 

これは育毛剤や育毛シャンプーにはほとんどのものに含まれており、

その汎用性が高いと思って良いでしょう。

 

実は江戸時代からこの甘草のエキスは有効とされ、炎症を防ぐという仕組み上、

薬品として用いられてきた経緯があります。

 

センブリエキス

 

これも育毛シャンプーの定番の成分と言われています。

 

 

多くの商品に使用されており、実用性が高いです。

 

これは主に保湿をもたらしてくれる成分と言われていますが、

頭皮の血行が悪くなることで起きやすくなる乾燥を防いでくれます。

 

また、頭皮が乾燥しやすくなるということは、

頭皮に付着している皮脂が固形化しやすくなりフケとなって落ちてきます。

 

このセンブリエキスによって保湿効果を得ることで、

フケが多量に発生するのも抑えてくれると言われています。

 


 

以上2種類の生薬をご紹介しました。

 

繰り返しになりますが、これらはその実用性が高いこともあり、

殆どの育毛系の商品に用いられています。

 

これらの生薬が頭皮の血行が悪くなることによって起こる症状を

大幅に軽減してくれるとされているため、

もしあなたが頭皮の血行悪化の症状に心あたりがあるのであれば、

これらの成分を含んだ育毛シャンプーを選択してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛剤と大きく違うのは成分量と価格です。

 

育毛シャンプーは価格が安いというメリットが有り、

育毛剤の半額以下で購入することができ、継続しやすいです。

 

その分成分量が少ないというデメリットもありますが、

抜け毛の症状がまだ目立ってきていないのであれば、

まだ初期段階の可能性があります。

 

ですので、継続しやすい育毛シャンプーのほうがおすすめです。

 

 

 

育毛シャンプーのおすすめランキングはこちら

 

当サイト厳選

当サイト厳選育毛剤

CHAPUP

(チャップアップ)

 

 

カテゴリー
ブログランキング参加中

メタ情報