ホーム » アーカイブ

頭皮の血行が悪いことで保湿が失われる!?効果的な成分は??

読了までの目安時間:約 6分

私達の頭皮は非常にデリケートであり、

血行が悪くなってくることにより、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

その中の悪影響の一つに乾燥があります。

 

つまり、保湿効果がなくなってしまい、

頭皮がダメージを受けやすくなってしまいます。

 

私たちは頭皮の表面が乾燥しないように、皮脂を始めとして、

さまざまな方法で皮膚が守られています。

 

そしてそれは、血液によって体の各組織に栄養素が行き渡ることで、

皮膚を守ることができると言われています。

 

 

では、頭皮の血行が悪くなってしまったら・・・?

 

もちろん頭皮に十分な栄養が行かなくなっていき、

皮膚を守る手段がなくなっていきます。

 

これにより、頭皮が炎症を起こしてしまい乾燥していきます。

 

頭皮が乾燥しているということにより、起こる影響を主に挙げてみると、

まずはフケがあります。

 

 

フケは脂っぽい・・・。

 

これはなんとなくイメージができると思いますが、

私達の頭皮の表面に付着している皮脂が、乾燥の影響で固形化してしまい、

これが頭皮から落ちてきてしまいます。

 

これがフケの正体です。

 

頭皮の血行が悪くなっていることによって起こる、

最初の影響とも言えるでしょう。

 

毎日清潔にしているはずなのになぜかフケが多い気がする。

 

そんな症状の場合は、まずは血行不良の影響があるのではないか?

ということを疑っておいたほうがよいです。

 

やはりフケが多い人というのは、

他人から不潔に思われてしまいます。

 

できるだけ早めに対処をしておいたほうが良いでしょう。

 

次に頭皮が赤くなっていないか?ということです。

 

 

頭皮が乾燥しているということは、頭皮が炎症を起こしていることによる症状です。

 

炎症となれば、赤くなりますよね?

 

これはもちろん頭皮も全く同じです。

 

症状がひどくなってくれば、

目に見えて赤くなっているのが分かるようになってきます。

 

ですので、頭皮が赤くなっていないか?というのも、

血行が悪くなっていることを疑った方が良いです。

 


 

頭皮の乾燥に関連する症状はこのようなものになります。

 

繰り返しになりますが、頭皮が乾燥しているということは、

保湿成分が失われてしまい、頭皮がダメージを負いやすくなります。

 

では、これらの症状に対して効果的な成分。

 

どのようなものがあるのでしょうか?

 

その答えはセンブリエキスです。

 

 

これはその名の通り、センブリと呼ばれるハーブを活用した成分になるのですが、

天然の生薬とされており、保湿効果をもたらすと言われています。

 

その有効性は従来から認識されており、さまざまな場面で使用されています。

 

では、このセンブリエキスが含まれているものはどんな商品か?

 

それは育毛シャンプーです。

 

 

育毛シャンプーはその名の通り、抜け毛やハゲ、薄毛の症状に対して、

効果的な成分を配合したシャンプーになるのですが、

ほぼすべての育毛シャンプーと言っても過言ではないほど、

育毛シャンプーにはセンブリエキスが含まれています。

 

これを活用することで、頭皮に保湿をもたらすことができ、

乾燥を防ぐことができるようになります。

 

もちろんそれだけではありません。

 

さきほどご紹介したとおり、頭皮の乾燥は炎症が影響していますが、

この炎症を防ぐ成分と言われているグリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

甘草エキスもセットで配合されているものがほとんどです。

 

これもほとんどの育毛シャンプーに含まれていると言っても過言ではありません。

 

このように、頭皮の血行が悪くなっていることにより、

さまざまな悪影響が考えられますが、

これらに対して効果的な成分をひとまとめにしているものが、

育毛シャンプーであり、あなた自身の頭皮のケアをしてくれます。

 

価格が高額では・・・?と思われる方も少なくないかもしれませんが、

3,000~4,000円程度で購入することができますので、

まずは試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

 

 

頭皮の血行悪化に役立つ成分はこれ!生薬の凄さ!

読了までの目安時間:約 5分

頭皮の血行が悪くなっているということは、

頭皮が炎症を起こしてしまい、乾燥しやすくなります。

 

乾燥することで皮脂が固形化し、フケが出やすくなりますし、

炎症を起こしてしまっていれば痒みなどの症状を伴います。

 

そしてこれらの行き着く先。

 

もちろん抜け毛、ハゲの症状です。

 

 

まだこれらの症状に心当たりがある程度であれば、

抜け毛にそこまで悩まされているということはないでしょう。

 

ですが、これは放っておくと最終的に大ダメージになってしまいますので、

早めに対処しておくのが望ましいと言えます。

 

であれば、これらを解消するためには

どのような成分がおすすめなのでしょうか?

 

実は、炎症、乾燥に適しているのが生薬の成分となります。

 

 

そしてこれらの生薬の成分は主に育毛剤や育毛シャンプーに含まれているため、

頭皮の血行悪化を予防するためにはこれらが望ましいとされています。

 

それでは生薬の中でも、特に重要であるとされている成分について、

簡単にご紹介していきます。

 

炎症を防いでくれるグリチルリチン酸

 

これは甘草(カンゾウ)に含まれているエキスと言われていますが、

この甘草に含まれているグリチルリチン酸二カリウムが、

炎症を予防する効果があると言われています。

 

 

これが頭皮の血行悪化により、炎症してしまう症状を緩和してくれるといわれています。

 

これは育毛剤や育毛シャンプーにはほとんどのものに含まれており、

その汎用性が高いと思って良いでしょう。

 

実は江戸時代からこの甘草のエキスは有効とされ、炎症を防ぐという仕組み上、

薬品として用いられてきた経緯があります。

 

センブリエキス

 

これも育毛シャンプーの定番の成分と言われています。

 

 

多くの商品に使用されており、実用性が高いです。

 

これは主に保湿をもたらしてくれる成分と言われていますが、

頭皮の血行が悪くなることで起きやすくなる乾燥を防いでくれます。

 

また、頭皮が乾燥しやすくなるということは、

頭皮に付着している皮脂が固形化しやすくなりフケとなって落ちてきます。

 

このセンブリエキスによって保湿効果を得ることで、

フケが多量に発生するのも抑えてくれると言われています。

 


 

以上2種類の生薬をご紹介しました。

 

繰り返しになりますが、これらはその実用性が高いこともあり、

殆どの育毛系の商品に用いられています。

 

これらの生薬が頭皮の血行が悪くなることによって起こる症状を

大幅に軽減してくれるとされているため、

もしあなたが頭皮の血行悪化の症状に心あたりがあるのであれば、

これらの成分を含んだ育毛シャンプーを選択してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛剤と大きく違うのは成分量と価格です。

 

育毛シャンプーは価格が安いというメリットが有り、

育毛剤の半額以下で購入することができ、継続しやすいです。

 

その分成分量が少ないというデメリットもありますが、

抜け毛の症状がまだ目立ってきていないのであれば、

まだ初期段階の可能性があります。

 

ですので、継続しやすい育毛シャンプーのほうがおすすめです。

 

 

 

育毛シャンプーのおすすめランキングはこちら

 

頭皮の血行とかゆみの関係。実はその症状は危険なの!?

読了までの目安時間:約 5分

頭皮の血行が悪くなっているということは、

頭皮に十分な栄養が行き渡りにくくなってしまいます。

 

 

栄養がうまく行き渡らないとなれば少々危険なイメージがありますが、

実はまさにその通りであり、放っておくと後々ダメージが大きくなってしまいます。

 

ですので、少しでも血行不良の症状に心あたりがある場合、

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

例えば、このような症状に心あたりがあるのであれば、

血行不良が起因している可能性があります。

 


 

①頭皮が赤みを帯びている

 

頭皮が赤くなっている人・・・。

 

 

あなたの周りにもしかしたら一人くらいはいるのではないでしょうか?

 

あるいはあなた自身がその症状を指摘されたことがあるかもしれません。

 

これは、頭皮が血行不良により炎症を起こしている証拠であり、

栄養がうまく行き渡っていない可能性があります。

 

また、マラセチア菌と呼ばれるカビが繁殖している可能性もあり、

その影響の可能性も高いと言われています。

 

 

②フケが多量に出ている

 

フケが多い人、もしかしたらあなた自身が

そのような症状に心あたりがあるかもしれませんね。

 

 

これは頭皮の血行不良により、皮脂が多く分泌されることによって起こるものであり、

いくら清潔にしようとしていても、皮脂が乾燥、固形化して頭皮から自然と落ちてしまうのです。

 

この症状も頭皮の血行が良くないことによって起こるものですので、

早めに対処しておくのが望ましいでしょう。

 

頭皮が赤みを帯びているような症状であれば

まだそこまで周りから注目されることはありませんが、

フケに関しては話が全く異なりますよね?

 

例えばあなた自身がフケが多い人を見たときにどう思うでしょうか?

 

不潔・・・そんなイメージがいきなり付いてしまうのではないでしょうか?

 

少なくとも見た目という点で良い影響は与えにくいでしょう。

 

ですので、個人的にはフケの症状が一番気になってしまいますね。

 

 

③痒みがひどくなっている

 

 

これも先程お伝えしたマラセチア菌に関連するのですが、

マラセチア菌は酸を多量に放出するという特性を持っており、

これにより皮膚にダメージを与え、炎症を起こしてしまいます。

 

そして炎症を起こしているのであれば、痒みなどの症状を伴います。

 

実はこの症状が重くなってしまった場合、自分でも気づかないうちに

頭を掻くクセがついてしまうということにもなるようです。

 

場合によっては頭皮から血が出るほどの痒みを伴うようです。

 


 

以上、頭皮の血行が悪くなっている方の3つの特徴についてご紹介してきました。

 

どのような人でも血行不良が起こるとこれらの症状が伴います。

 

ですので、万が一これらの症状に心あたりがあるのであれば、

早めに対処をしておくのが望ましいです。

 

放っておけば後々ダメージが大きくなってしまいます。

 

そこでおすすめするのが、血行を良くするアミノ酸、炎症を防ぎ、

保湿効果を得ることができるグリチルリチン酸二カリウム、センブリエキスといった、

育毛に関する定番成分を含んだ育毛シャンプーの使用です。

 

 

育毛剤と違い、成分量では劣るものの、価格が手頃という特徴がありますので、

これらの症状の段階ではまずはシャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

おすすめ育毛シャンプーはこちら

 

 

頭皮の血行が悪いと炎症を起こす!?

読了までの目安時間:約 2分

頭皮の血行が悪いということは、頭皮が赤みを帯びている可能性が高いです。

 

これは最終的に抜け毛の症状につながっていくことになりますので、

以下の症状に心あたりがある場合は、早急に改善することをおすすめします。

 

  • 頭皮が痒くなることが多い
  • 赤みを帯びている
  • 不規則な生活、食事をしている
  • 睡眠時間が短い

 

などです。

 

いかがでしょうか?

 

 

もしあなたがこれらの症状や生活習慣に心当たりがあるのであれば、

頭皮の血行が悪くなっている可能性があるため、早急に対策をしておくべきです。

 

なぜなら、これらの症状は頭皮の炎症を招き、乾燥しやすくなっているためで、

皮膚がダメージを受けやすくなり、抜け毛や薄毛の症状につながます。

 

私たちは血流によって体の隅々に栄養素を運んでいるということはご存知かと思います。

 

頭皮の血行が悪くなっているということは、当然栄養が行き渡りにくくなるということであり、

頭皮の場合は炎症などの症状につながっていきます。

 

また、乾燥の症状も伴いますので、頭皮に付着している皮脂が、

フケとなって現れやすくなってきます。

 

この時点で人からの印象が良くないというのはなんとなくイメージがつきますよね?

 

よって、頭皮の血流の改善は早急に対策しておくべきものと言えます。

 

当サイト厳選

当サイト厳選育毛剤

CHAPUP

(チャップアップ)

 

 

カテゴリー
ブログランキング参加中

メタ情報