ホーム » アーカイブ

頭皮の血行が悪いことで保湿が失われる!?効果的な成分は??

読了までの目安時間:約 6分

私達の頭皮は非常にデリケートであり、

血行が悪くなってくることにより、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

その中の悪影響の一つに乾燥があります。

 

つまり、保湿効果がなくなってしまい、

頭皮がダメージを受けやすくなってしまいます。

 

私たちは頭皮の表面が乾燥しないように、皮脂を始めとして、

さまざまな方法で皮膚が守られています。

 

そしてそれは、血液によって体の各組織に栄養素が行き渡ることで、

皮膚を守ることができると言われています。

 

 

では、頭皮の血行が悪くなってしまったら・・・?

 

もちろん頭皮に十分な栄養が行かなくなっていき、

皮膚を守る手段がなくなっていきます。

 

これにより、頭皮が炎症を起こしてしまい乾燥していきます。

 

頭皮が乾燥しているということにより、起こる影響を主に挙げてみると、

まずはフケがあります。

 

 

フケは脂っぽい・・・。

 

これはなんとなくイメージができると思いますが、

私達の頭皮の表面に付着している皮脂が、乾燥の影響で固形化してしまい、

これが頭皮から落ちてきてしまいます。

 

これがフケの正体です。

 

頭皮の血行が悪くなっていることによって起こる、

最初の影響とも言えるでしょう。

 

毎日清潔にしているはずなのになぜかフケが多い気がする。

 

そんな症状の場合は、まずは血行不良の影響があるのではないか?

ということを疑っておいたほうがよいです。

 

やはりフケが多い人というのは、

他人から不潔に思われてしまいます。

 

できるだけ早めに対処をしておいたほうが良いでしょう。

 

次に頭皮が赤くなっていないか?ということです。

 

 

頭皮が乾燥しているということは、頭皮が炎症を起こしていることによる症状です。

 

炎症となれば、赤くなりますよね?

 

これはもちろん頭皮も全く同じです。

 

症状がひどくなってくれば、

目に見えて赤くなっているのが分かるようになってきます。

 

ですので、頭皮が赤くなっていないか?というのも、

血行が悪くなっていることを疑った方が良いです。

 


 

頭皮の乾燥に関連する症状はこのようなものになります。

 

繰り返しになりますが、頭皮が乾燥しているということは、

保湿成分が失われてしまい、頭皮がダメージを負いやすくなります。

 

では、これらの症状に対して効果的な成分。

 

どのようなものがあるのでしょうか?

 

その答えはセンブリエキスです。

 

 

これはその名の通り、センブリと呼ばれるハーブを活用した成分になるのですが、

天然の生薬とされており、保湿効果をもたらすと言われています。

 

その有効性は従来から認識されており、さまざまな場面で使用されています。

 

では、このセンブリエキスが含まれているものはどんな商品か?

 

それは育毛シャンプーです。

 

 

育毛シャンプーはその名の通り、抜け毛やハゲ、薄毛の症状に対して、

効果的な成分を配合したシャンプーになるのですが、

ほぼすべての育毛シャンプーと言っても過言ではないほど、

育毛シャンプーにはセンブリエキスが含まれています。

 

これを活用することで、頭皮に保湿をもたらすことができ、

乾燥を防ぐことができるようになります。

 

もちろんそれだけではありません。

 

さきほどご紹介したとおり、頭皮の乾燥は炎症が影響していますが、

この炎症を防ぐ成分と言われているグリチルリチン酸二カリウムと呼ばれる、

甘草エキスもセットで配合されているものがほとんどです。

 

これもほとんどの育毛シャンプーに含まれていると言っても過言ではありません。

 

このように、頭皮の血行が悪くなっていることにより、

さまざまな悪影響が考えられますが、

これらに対して効果的な成分をひとまとめにしているものが、

育毛シャンプーであり、あなた自身の頭皮のケアをしてくれます。

 

価格が高額では・・・?と思われる方も少なくないかもしれませんが、

3,000~4,000円程度で購入することができますので、

まずは試してみてはいかがでしょうか?

 

 

育毛シャンプーおすすめランキングはこちら

 

 

皮膚のカビとマラセチア菌。これらは頭皮の血行悪化と関係が!?

読了までの目安時間:約 6分

頭皮の血行が悪化していると、頭皮にあるカビが発生しやすくなってしまいます。

 

これはマラセチア菌と呼ばれるカビであり、

この菌が繁殖していくことで頭皮に悪影響を及ぼしやすくなります。

 

例を挙げてみると、癜風とそして脂漏性皮膚炎です。

 

 

これらは症状にこそ違いがありますが、どちらもマラセチア菌が原因とされているものであり、

早めに対処しておくことが望ましいです。

 

では、これらの症状に関してほんの少しだけ解説していきます。

 

まず癜風に関してですが、これは真菌症(つまり感染症)です。

 

皮膚の中にマラセチア菌が侵入して起こるものであり、

湿疹などの症状を伴いますし、皮膚がボロボロになってしまったり、

かゆみなどの症状を伴ってきます。

 

 

最もわかり易い例としては水虫などでしょうか。

 

これは先程の症状に加え、臭いなどを伴います。

 

また、皮膚内に侵入した段階ではそれほど重症ということではありませんが、

更に悪化してくると血液内に菌が侵入し、重症となってしまうこともあります。

 

感染症と言えば、悪化すると危険というイメージを持っている方も多いと思いますが、

この癜風に関しても例外ではないようです。

 

次に脂漏性皮膚炎に関してです。

 

 

先程お伝えしたとおり、これもマラセチア菌による影響であることは癜風と同様ですが、

これは感染症ではなく、その名の通り皮膚炎になります。

 

マラセチア菌の特徴として、酸を放出するという特徴があります。

 

つまり、マラセチア菌が多量に繁殖した場合、多量の酸が頭皮などに降り注ぐことになります。

 

酸と言えば想像がつく方も多いと思いますが、

皮膚にダメージを与えますし、物質を溶かしてしまう・・・なんて話を聞きますよね。

 

どう考えても皮膚に良い影響を与えないです。

 

マラセチア菌が放出する酸によって皮膚が炎症を起こすのが脂漏性皮膚炎となります。

 

症状としては痒みなどがありますが、その他に頭皮が赤みを帯びたり、

乾燥することによってフケが多くなったりと行った症状があります。

 

 

 

異常2つの症状をご紹介しました。

 

繰り返しになりますが、これらは症状こそ違いますが、

どちらもマラセチア菌によって引き起こされるものと覚えておくと良いでしょう。

 

 

マラセチア菌の繁殖を防ぐためにはこれ!

 

マラセチア菌の繁殖の大本の原因は、私達の体から皮脂が多量に分泌されることです。

 

血行が良くない場合、当然体の隅々に栄養素が行き渡りにくくなります。

 

その結果、私達の体の仕組みとして、皮膚を紫外線や外気から守るために、

皮脂を過剰に分泌するという働きを行います。

 

つまり、血行が悪化してしまえば、皮脂が自動的に分泌されてくるため、

これを解消していく必要があります。

 

では、血行を良くしてくれるものとは、一体何でしょうか?

 

その答えは、アミノ酸配合のシャンプーです。

 

 

アミノ酸と言えば想像がつく方も多いと思いますが、

肉類などによく含まれており、私達のエネルギー成分となります。

 

これを活用したサプリメントに、精力剤などがあることはご存知でしょうか?

 

精力剤はedなどの治療に使われていますが、

アミノ酸を豊富に含んだサプリメントを摂ることで、血流を改善、

体全体の健康状態を良くし、その結果edを治療していくというものです。

 

また、妊婦用のサプリメントなどでも、栄養剤の一種として

配合されているケースも少なくありません。

 

このようにアミノ酸hあ血流を良くする効果が見込まれ、

さまざまな用途で使用されています。

 

この血流を良くする仕組みをシャンプーに適用し、

頭皮の血流を良くしていくのがアミノ酸シャンプーです。

 

 

別名育毛シャンプーとも言われており、

ほとんどの育毛シャンプーに含まれているため、

まずは価格が手頃な育毛シャンプーの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

アミノ酸を含んだ育毛シャンプーのランキングはこちら

センブリエキスとグリチルリチン酸ニカリウム。頭皮の血行改善には必須!?

読了までの目安時間:約 6分

もしあなたが育毛系の商品を使用したことがある、

もしくは使用を検討しているのであれば、

センブリエキス、グリチルリチン酸ニカリウムについてはご存知でしょう。

 

 

頭皮の血流が悪くなっていることによって起こる症状。

 

頭皮が炎症を起こし、乾燥、フケ、かゆみなどの症状を伴います。

 

これらの症状が悪化していけば、

最終的に抜け毛、薄毛の症状につながってしまいます。

 

ですので、頭皮のケアは早めにしておくのが望ましいでしょう。

 

さて、話を戻しますが、最初にご紹介したグリチルリチン酸二カリウム。

そしてセンブリエキス。

 

これらは育毛シャンプーや育毛剤には欠かすことができない成分であり、

必ずと言ってもよいほど含まれているものです。

 

例えばセンブリエキス。

 

 

これは保湿を得るための成分であり、

その名の通りセンブリと呼ばれる生薬から抽出したものです。

 

さきほどご紹介したとおり、

頭皮の血行が悪くなってくることによる症状の一つに乾燥があります。

 

乾燥の症状がひどくなってくれば、

頭皮の表面に付着している皮脂が固形化してしまい、フケとなって落ちてしまいます。

 

例えば抜け毛、薄毛の症状がひどい人をみたことがあれば、

あるいはあなた自身がそのような症状を伴っていれば分かりますが、

少なくともフケが目立ってはいませんか?

 

 

これこそが頭皮が乾燥していることを示しているのです。

 

また、皮脂は私達の皮膚を守るために重要なウェイトを占めているため、

頭皮が乾燥してしまっていれば、紫外線、外気などから、

ダメージを受けやすくなってしまいます。

 

ですので、センブリエキスが持っている保湿効果

この症状を解消するのに非常に役立つと言われています。

 

頭皮の乾燥を防ぐことができればフケの量が少なくなってきますし、

頭皮が受けるダメージを大幅に減らすことができるのです。

 

また、これはかゆみの症状にも関連します。

 

 

頭皮が乾燥していればかゆみの症状も出てくると言われており、

症状が重い人は、自分でも気が付かないうちに頭を掻いてしまうようです。

 

これがひどくなってくると出血を伴ってしまい、

瘡蓋などがてきてしまうようです。

 

これもセンブリエキスが持っている保湿効果により、

大幅にその症状を軽減することができると言われています。

 

次にグリチルリチン酸に関してです。

 

 

グリチルリチン酸は甘草(カンゾウ)から抽出される成分と言われており、

実は江戸時代から活用されてきた経緯があるようです。

 

その効果とは、炎症を防ぐ効果と言われています。

 

例えば、頭皮の血行が悪くなってくると赤みなどの症状を伴います。

 

これは頭皮が炎症を起こしていることによるものであり、

血行不良を起こしている状態で、最初に出てくる症状と言っても良いでしょう。

 

もうここまでくればお分かりいただけるかもしれませんが、

頭皮の血行不良によって起こる炎症を抑えてくれるのがグリチルリチン酸です。

 

 


 

以上の2種類の生薬が育毛シャンプーには含まれています。

 

繰り返しになりますが、これらの生薬はほぼすべての育毛シャンプーに含まれており、

定番の成分と言っても過言ではないでしょう。

 

 

育毛シャンプーのすすめ

 

これらの生薬を配合していることの他、

育毛シャンプーをおすすめする理由に価格設定があります。

 

 

実は育毛シャンプーは育毛剤と違い、成分量という点で劣りますが、

その分価格が非常に安いというメリットがあります。

 

例えば育毛剤と育毛シャンプーを比較した場合、

3倍近くの価格差があり、継続することを前提に考えた場合、

育毛シャンプーの方に軍配が上がります。

 

育毛シャンプー自体の価格は3,000円~4,000円程度が相場であり、

このぐらいであれば底まで厳しいか各区設定ではないかと思います。

 

逆に育毛剤は10,000円を超えるものも珍しくなく、

継続するには少々厳しい価格でもあります。

 

そう考えた場合、最初に試しておきたいのが育毛シャンプーと言えるでしょう。

 

 

育毛シャンプーランキングはこちら

当サイト厳選

当サイト厳選育毛剤

CHAPUP

(チャップアップ)

 

 

カテゴリー
ブログランキング参加中

メタ情報